『フーガはユーガ』伊坂幸太郎 / 彼らは天使か悪魔?それともヒーロー⁉

『フーガはユーガ』伊坂幸太郎 / 彼らは天使か悪魔?それともヒーロー⁉

こんにちは! 双子の絆が羨ましいと思ったネイネイ(@NEYNEYx2)です。

今回は、AXより1年ぶりの新作となる伊坂幸太郎さんの『フーガはユーガ』を読みましたので、あらすじや感想・レビューをまとめていきます。

恵まれない環境ながら、それに抗い乗り越えようとする、双子の切なくも温かみのある物語を味わってみてはになってはいかがでしょうか。

 

『フーガはユーガ』伊坂幸太郎

あらすじ

常盤優我は仙台市のファミレスで一人の男に語り出す。
双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。
僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。

(「BOOKデータベース」より)

 

本作の特徴

常盤兄弟の小学時代から大人になるまでのできごとが語られ、事件の全容がみえてくる。

不幸に見舞われながらも、二人で耐え運命に逆らおうとする姿に温かみと力強さを感じる

 

瞬間移動

双子の常盤優我と風我には特殊な能力があった誕生日にだけおこる現象なのだとか。

そして、その日、二時間ごとに瞬間移動、瞬間的な入れ替わりは発生したのだ。

(P28より)

年に一度の誕生日に優我と風我は2時間おきに瞬間移動して、お互いが入れ替わるのだという。

二人の距離がたとえ離れていても入れ替わってしまうので、こんな能力があれば海外旅行に一人分の料金で行くこともできてしまいますね。

まあ、2時間ごとという制約はついてしまいますが……。

ネイネイの驚き顔
ネイネイ
凄い能力だけど、使いどころが難しそう……。

おなじみの仕草

優我と風我には二人だけの「おなじみの仕草」がある。

 風我が、握った拳の親指を立て、軽く、くいくいと振った。
 おなじみの仕草だ。

(P28より)

「頼む」「頼んだぞ」「任せた」といった意味なのだとか。

刑事ドラマでも犯人を追い詰めるシーンで、二人組の刑事が相棒に「お前はあっち、俺はこっち」と手で合図をする場面をみかける。

信頼関係が築かれていると、口に出さなくても意思疎通がおこなえるものなのだと感じてしまう。

ルーシー
ルーシー
双子ならではの「阿吽の呼吸」なのかもね。

隙ができる

はじめて双子の優我と風我を見るものは必ずあることをしてしまうのだ。

「でな、さっきの男もそうだったけど、俺と優我が並んでいると、顔を交互に見ちゃうんだ。俺を見て、優我を見て、それからまた俺を見て、顔を確認しちゃうんだ」
「だろうね」よく見かける動きだ。あれ、こいつとこいつ同じ顔? と見直してしまう。
「そこに隙ができる」

(P91~92より)

芸能人にも見分けのつかない双子の方がいますが、そんな人が目の前に突然あらわれたら見比べちゃいますよね

トラブルに巻き込まれたときは、この一瞬の隙を生かさない手はない

「先手必勝」とはよくいったものですが、まさにこの隙をつければ優位になることは間違いなしですね。

モンブラン
モンブラン
「やられる前にやる」ってことだな。

感想・レビュー

貧しい環境で育ち、父親の暴力に怯え、母親には見て見ぬふりをされる。 二人でじっと耐え忍ぶ日々。 辛いことも、苦しいことも、二人で力をあわせて乗り越えてきた。

同じように虐げられている者に自分たちを重ね合わせ助けようとする。 その姿はまるで弱者の味方をするヒーローのようでもある

理不尽なことの多い現代社会において、苦難に立ち向かい抗える双子の兄弟に魅せられる

ネイネイの笑顔
ネイネイ
この兄弟の絆に憧れてしまいますね。

まとめ

双子の兄弟が不運に二人の力で立ち向かい抗う物語。

他人より辛い境遇で育った双子が困難に立ち向かう姿に魅せられてはどうでしょうか。

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

コチラの記事もどうぞ

関連記事

こんにちは! 読みたい本が増えてく一方のネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、伊坂幸太郎さんの2000年のデビュー作品から現在までに出版された、全作品を年代別の一覧にしてまとめました。 まだ、読まれていない本があれば、これを機に[…]

「伊坂幸太郎」作品のすべて!【年代別の出版一覧】

 

ポチして頂くことで、ランキングの順位が上がります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Amazonでお得にお買い物
amazonギフト券

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の利用がおすすめ!

チャージするたびに、プライム会員なら最大2.5%分通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まる。

\ TRY NOW!! /

\ こちらも読まれています! /