『かがみの孤城』辻村深月 / 生きづらさを感じているあなたにお勧め!

『かがみの孤城』辻村深月 / 生きづらさを感じているあなたにお勧め!

こんにちは! 小さな勇気をもらったネイネイ(@NEYNEYx2)です。

2018年本屋大賞に受賞されれた、辻村深月さんの『かがみの孤城』を読んだのでレビューを書きます。

この本の内容は中学生の物語ですが、もしあなたが今、人間関係に悩んでいるのならこの本をオススメします。

参照『かがみの孤城』辻村深月さんインタビュー

 

『かがみの孤城』辻村深月

あらすじ

どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。
輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。
9時から17時まで。時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探す—

(「BOOKデータベース」より)

 

かがみの孤城のイラストを担当された、禅之助さん(@rakugaki100page)の絵もとても素敵で作品に花を添えていました。

 

本作の特徴

会社員時代に悩む内容は、仕事のこと、給料のこと、人間関係のことの3つが大半です。

自分が働いていた会社でも、陰で平然と人の悪口を言い、本人の前ではその事は一切隠し、ニコニコと笑顔で話を合わせるヤツがいました。

そんなヤツに限って出世していく。 自分はそんな会社の輪が心底いやになり退職を考えました。

こんな奴等を信頼できるはずがないから。 一生わかりあえない……。

会社を辞めることが良いことだったのかは分からないけれど、この本の中に下記の部分がある。

胸を張って学校に向かえるのは、ここだけが居場所じゃないと教えてもらったからだ。

(P544より)

ハッ、と思います。そうだよね別にここだけが全てじゃないよね。

本文の中では、自分の通っている中学校に行けなかったとしても悲観することはないよ。だって、学校は他にもあるし、スクールだってあるじゃない。と教えてくれます。

この内容ってなにも学生だけに限ったことではなくて、社会人ご近所付き合いママ友の付き合い、そんな対人関係に悩みを抱えている人が読むと心に響くものがあります。

自分はこの本を読み終えて、「生き方は一通りじゃない」と教えられたように思います。

周りと同じように会社に勤めていなければダメなんじゃなくて、人それぞれに選択肢は無数にあるのだよと…。

 

人間関係で悩みを抱えているのなら、一度この本を読んでみることをお勧めいたします。

きっと、心に刺さる大切なものが見つかる一冊になります。

 

補足

読むのに2日かかってしまいました。前半はよかったのですが、中盤から後半にかけてが中々読み進めるのが困難でした。

それもこれも、幾度となくダムが決壊し、そのたびに先に読み進めない。

ネイネイの泣き顔
ネイネイ
グシューーン  チィーーン

ページが進むより、ごみ箱の鼻紙がどんどん増えていく。

読む際には、大量のテッシュが必要になるはずです。お気をつけください!

 

まとめ

前に進む力をほんの少し分けてもらえる、そんな作品でした。

より多くの人に知ってもらいたい作品なので、映画化されないかな~

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

コチラの記事もどうぞ

関連記事

こんにちは! 積読が増えつつあるネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、辻村深月さんの2004年のデビュー作品から現在までに出版された、全作品を年代別の一覧にしてまとめました。 まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみて[…]

「辻村深月」作品のすべて!【年代別の出版一覧】

 

ポチして頂くことで、ランキングの順位が上がります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Amazonでお得にお買い物
amazonギフト券

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の利用がおすすめ!

チャージするたびに、プライム会員なら最大2.5%分通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まる。

\ TRY NOW!! /

\ こちらも読まれています! /