Amazonプライムデー【7月12日(火)0:00~7月13日(水)23:59】

「今村昌弘」作品一覧のすべて!【新刊&文庫本を紹介】

こんにちは! ネイネイ(@NEYNEYx2)です。

今回は、今村昌弘(@Imamura1985)さんのデビュー作品から現在までに出版された、全作品一覧と新刊&文庫本情報をご紹介します。

まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか。

 

MEMO

単行本と文庫本など、複数出版されている場合は、最初に発売された日を出版日としています。また、アンソロジーや雑誌掲載のみの作品等は、除いておりますのでご了承ください。

 

目次(タップできます)

「今村昌弘」新刊&文庫本の情報

単行本の新刊情報

兇人邸の殺人

兇人邸の殺人
(2021年7月末)

『魔眼の匣の殺人』から数ヶ月後――。神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子が突然の依頼で連れて行かれた先は、“生ける廃墟”として人気を博す地方テーマパークだった。園内にそびえる異様な建物「兇人邸」に、比留子たちが追う班目機関の研究成果が隠されているという。深夜、依頼主たちとともに兇人邸に潜入した二人を、“異形の存在”による無慈悲な殺戮が待ち受けていた。待望のシリーズ第3弾、ついに刊行!

Kindle: Audible: 

 

文庫本の新刊情報

魔眼の匣の殺人 (創元推理文庫)

魔眼の匣の殺人
(2022年8月12日)

その日、神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子を含む9人が、人里離れた班目機関の元研究施設“魔眼の匣”を訪れた。その主であり、予言者として恐れられている老女は、来訪者に「あと二日のうちに、この地で4人死ぬ」と告げた。施設と外界を結ぶ唯一の橋が燃え落ちた後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し――。残り48時間、二人の予言に支配された匣のなかで、葉村と比留子は生き残って謎を解き明かせるか?! ミステリ界を席捲した『屍人荘の殺人』シリーズ第2弾。

Kindle: Audible: 

ネメシス1 (講談社タイガ)

ネメシス1
(2021年3月中旬)

『屍人荘の殺人』の今村昌弘を筆頭にミステリ界注目の作家たちが描く本格ミステリシリーズ始動!

横浜に事務所を構える探偵事務所ネメシスのメンバーは、お人好し探偵の風真、自由奔放な助手アンナ、そしてダンディな社長の栗田の三人。そんなネメシスに大富豪の邸宅に届いた脅迫状の調査依頼が舞い込む。現地を訪れた風真とアンナが目にしたのは、謎の暗号と密室殺人、そして無駄に長いダイイングメッセージ!?

連続ドラマ化で話題の大型本格ミステリシリーズ、ここに開幕!

Kindle: Audible: 

 

「今村昌弘」作品一覧【年代別】

2021年~2020年

兇人邸の殺人

兇人邸の殺人

(2021年7月)

Kindle: Audible: 

ネメシス1 (講談社タイガ)

ネメシス1

(2021年3月)

Kindle: Audible: 

2019年~2017年

魔眼の匣の殺人 (創元推理文庫)

魔眼の匣の殺人

(2019年2月)

Kindle: Audible: 

屍人荘の殺人 (創元推理文庫)

屍人荘の殺人

(2017年10月)

Kindle: Audible:

電子書籍のみ

〈屍人荘の殺人〉エピソード0 明智恭介 最初でも最後でもない事件 屍人荘の殺人シリーズ

明智恭介
– 最初でも最後でもない事件

(2019年12月)

Kindle: Audible: 

まとめ

どうですか、気になった書籍は見つかりましたか?

この記事を通して、少しでもあなたの読書生活が有意義なものになったら幸いです。

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

気になるとこにジャンプ
新刊&文庫本の情報 2021年~2020年
2019年~2015年 電子書籍のみ

 

 

コチラの記事もどうぞ

あわせて読みたい
人気作家の作品一覧【ジャンル別】 こんにちは! 読みたい本が増えていくネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、人気作家の作品一覧を、ジャンル別にしてご紹介します。 まだ、読まれていない本があれば、こ...

 

おすすめ記事
Amazonギフト券 チャージタイプ
Amazonギフト券 チャージタイプ

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券 チャージタイプの利用がおすすめ!

チャージするたびに、Amazonプライム会員なら最大2.5%分、通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まります。

\ TRY NOW!! /

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自由な働き方で生活していけるように、日々の『喜び・怒り・悲しみ・楽しみ』を書きつづったブログです。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次(タップできます)
閉じる