「平野啓一郎」作品一覧のすべて!【新刊&文庫本を紹介】

「平野啓一郎」作品一覧のすべて!【新刊&文庫本を紹介】

こんにちは! その文章に酔いしれるネイネイ(@NEYNEYx2)です。

今回は、平野啓一郎(@hiranok)さんのデビュー作品から現在までに出版された、全作品一覧と新刊&文庫本情報をご紹介します。

まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか。

 

MEMO

単行本と文庫本など、複数出版されている場合は、最初に発売された日を出版日としています。また、アンソロジーや雑誌掲載のみの作品等は、除いておりますのでご了承ください。

 

もくじ
新刊&文庫本の情報 2021年~2020年
2019年~2015年 2014年~2010年
2009年~2005年 2004年~2000年
1999年~1998年 エッセイ&その他

 

「平野啓一郎」新刊&文庫本の情報

単行本の新刊情報

本心
(2021年5月末)

舞台は、「安楽死(本作では〝自由死〟)」が合法化された近未来の日本。最新技術を使い、生前そっくりの母を再生させた息子は、「安楽(自由)死」を望んだ母の、<本心>を探ろうとする。

母の友人だった女性、かつて交際関係のあった老作家…。それらの人たちから語られる、まったく知らなかった母のもう一つの顔。さらには、母が自分に隠していた衝撃の事実を知る――。

ミステリー的な手法を使いながらも、「死の自己決定」「貧困」「社会の分断」といった、現代人がこれから直面する課題を浮き彫りにし、愛と幸福の真実を問いかける平野文学の到達点。読書の醍醐味を味合わせてくれる本格派小説です。

Kindle:  Audible: 

 

文庫本の新刊情報

マチネの終わりに
(2019年6月)

天才クラシックギタリスト・蒔野聡史と、国際ジャーナリスト・小峰洋子。四十代という“人生の暗い森”を前に出会った二人の切なすぎる恋の行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死などのテーマが重層的に描かれる。いつまでも作品世界に浸っていたいと思わずにはいられないロングセラー恋愛小説。

Kindle: Audible: 

 

「平野啓一郎」作品一覧【年代別】

2021年~2020年

本心

(2021年5月)

Kindle:  Audible: 

2019年~2015年

ある男

(2018年9月)

Kindle: Audible: 

マチネの終わりに

(2016年4月)

Kindle: Audible: 

2014年~2010年

空白を満たしなさい

(2012年11月)

Kindle: Audible: 

2009年~2005年

2004年~2000年

1999年~1998年

エッセイ&その他

「カッコいい」とは何か

(2018年9月)

Kindle: Audible: 

考える葦
(エッセイ集)

(2018年9月)

Kindle: Audible: 

「生命力」の行方
– 変わりゆく世界と分人主義(エッセイ&対談集)

(2014年9月)

Kindle: Audible: 

ショパンを嗜む

(2013年12月)

Kindle:  Audible: 

私とは何か
– 「個人」から「分人」へ

(2012年9月)

Kindle: Audible: 

小説の読み方
– 感想が語れる着眼点

(2009年3月)

Kindle:  Audible: 

モノローグ
(エッセイ集)

(2007年11月)

Kindle: Audible: 

ディアローグ
(対談集)

(2007年11月)

Kindle: Audible: 

本の読み方 – スロー・リーディングの実践

(2006年9月)

Kindle: Audible: 

文明の憂鬱
(エッセイ集)

(2002年1月)

Kindle: Audible: 

まとめ

どうですか、気になった書籍は見つかりましたか?

この記事を通して、少しでもあなたの読書生活が有意義なものになったら幸いです。

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

ポチして頂くことで、中の人の励みになります。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 にほんブログ村へ
Amazonギフト券

Amazonギフト券

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の利用がおすすめ!

チャージするたびに、Amazonプライム会員なら最大2.5%分、通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まります。

\ TRY NOW!! /