ハリルホジッチ解任で考える信頼関係について

ハリルホジッチ解任で考える信頼関係について

こんにちわ! 深く考えさせられる出来事だったネイネイ(@NEYNEYx2)です。

先日4月9日に日本代表監督のハリルホジッチ氏の契約解除が発表されました。

2018FIFAワールドカップのロシア大会が2ヵ月後に迫ったこのタイミングでの電撃解任は驚きました。

解任の理由の一つに「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れてきた」ということがあるそうですが、

チームスポーツに限らず、会社でも上司と部下の間にも信頼関係がなければギクシャクしてきます。

 

信頼関係について

自分もついこの間までは会社員だったのですが、その会社では徐々に従業員が増えていき近年では約2000人になりました。

そうなるにつれ、次第に業績の向上のみを追い求めるようになっていきました。

売上重視の考え方ですね。売り上げ重視そのものが悪いとは言いませんが、上司が部下に対し気にすることが売り上げのみになるのはどうなのでしょうか?

売り上げ重視が大きくなってくると、売り上げがでていない部下に対し「お前の代わりなんて、いくらでもいるんだぞ」と上司からの叱責がとぶようになってきます。

この状態になってくると、上司は部下のことを『モノ』としてしか扱っていません。当然そこには信頼関係などあったものではありません。

そうなると、次第に職場の雰囲気も重たい空気にかわりギスギス感が漂ってきます。本来だせるべきパフォーマンスも発揮できないどころかモチベーションも上がらずにミスばかり繰り返すようになってしまいます。

この内容は会社でのことですが、同じことがチームスポーツにも言えるのではないでしょうか。

監督と選手の信頼関係がなければ、組織として機能しないばかりか個々のパフォーマンスにも影響がでて成績不振に陥る、負のスパイラルに入ってしまっているように現在の日本代表はみえます。

今回の解任で日本代表が少しでも好転してくれることを願います。

 

まとめ

賛否両論はあるにせよ、監督と選手との信頼関係が壊れてしまっているのなら、監督をかえるのは必要なことだと自分は考えます。

4年に一度のサッカー祭典で、日本代表が光り輝くことを心より願っています。

「ガンバレ日本!!」

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

ポチして頂くことで、ランキングの順位が上がります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Amazonでお得にお買い物
amazonギフト券

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の利用がおすすめ!

チャージするたびに、プライム会員なら最大2.5%分通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まる。

\ TRY NOW!! /

\ こちらも読まれています! /