『沈黙のパレード』東野圭吾 / この鉄壁のアリバイを崩せるか?

『沈黙のパレード』東野圭吾 / この鉄壁のアリバイを崩せるか?

こんにちは! 迷推理になりがちなネイネイ(@NEYNEYx2)です。

今回は、東野圭吾さんのガリレオシリーズ第9作目の『沈黙のパレード』を読みましたので、あらすじや感想・レビューをまとめていきます。

あなたもこの渾身のトリックと鉄壁のアリバイを見破ってみてはいかがでしょうか。

 

『沈黙のパレード』東野圭吾

あらすじ

突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。
殺害方法は?アリバイトリックは?超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

(「BOOKデータベース」より)

 

装画を担当されているのは、Q-TA(@qta3)さんです。

 

本作の特徴

解けそうで解けないトリック、崩すことのできない鉄壁のアリバイが真実にたどりつくのを妨げる。

次々に明かされる事実や目まぐるしく展開するストーリーにワクワクが止まらない。 謎解きだけでなく、人の温かみを感じれる作品。

 

黙り込む男

タイトルにも入ってる「沈黙」が本書の一つのテーマになっています。

状況証拠がつみかさなっても、犯行を決定づける物的証拠がなければ立証はできない。 そこで容疑者にあつめて証拠をつきつめ、取り調べをして「自白」してもらう。

もしそこで容疑者が黙っていたならどうなるか。 そんな自供が得られないという状況が、本作の面白さにつながっています。

ネイネイの驚き顔
ネイネイ
冤罪にもつながることのある「自白」をまったく別の視点で描いたのが本作なんですね。

キクノ・ストーリー・パレード

菊野市で秋に開催されるお祭り。 それが「キクノ・ストーリー・パレード」。

おとぎ話や童話の登場人物に扮してスタートからゴール地点までを練り歩き、その出来栄えで順位を競う。 このパレードを見物していた湯川が「勉強になる」といった場面がある。

「物語の名場面を再現するといっても、どこを名場面と捉えるかは人それぞれだ。さっき、同じアニメを題材にしたチームが二つ続いたが、全く別の場面を再現していた。じつに面白い」

(P123より)

同じ作品でも人が違えば捉え方もことなるといっています。 ふとこれを見てTwitterの#読了 ツイートを連想してしまったのは自分だけでしょうか……。

読み手が変われば、感想の内容も、良いと思う場面も当然のことながら変化します。 そんな推理以外での何気ない湯川の一言もこの作品の楽しみ方になっているように思えます。

ルーシー
ルーシー
なんだか研究者の目線は一味ちがうね。

溢血点

死亡した人物には「溢血点」があり窒息した可能性が高いといっています。

 何らかの原因で呼吸が困難になると、横隔膜の動きに心臓が影響を受けて血液の循環が滞る。 すると静脈中の血液が行き場を失い、ついには毛細血管を破って外に出る。 それが溢血であり、斑点状に見える状態のものを溢血点と呼ぶ。

(P151より)

今作の大きな謎はこの状態をどのようなトリックを駆使しておこなったのか。という所につきます。 それが可能だった人物は誰なのか。

ただし、疑わしき人物には鉄壁のアリバイが存在している。 これらを解き明かすのが最大の楽しみになっています。

モンブラン
モンブラン
鉄壁のアリバイというのは、崩しがいがありそうだな。

客観性

捜査のアドバイスをした湯川に、もっと効率的に捜査できるアドバイスがあったのでは? っと問う場面がある。 それに湯川は学生の科学実験をもとに客観性が重要だといっている。

大抵の場合、実験の結果がどうなるのかは学生たちもわかっている。 だから彼等は、好ましい結果が出るように作業を行う。 時には計測器の目盛りを多めに読んだり、少なめに読んだりしながらね。 それで狙いに近い結果が得られたら満足してしまい、自分たちが根本的なミスを犯していたことに気づかなかったりする。 正しく実験が行われたかどうかを判断するには、どんな結果が出るかなんて、知らないほうがいいんだ。

(P270より)

研究にたずさわる者として気おつけるべきことに「先入観」がある。 先入観をもって行動してしまうと結果がゆがめられるばかりか、そのミスにも気がつかないと説明している。

本作の謎解きも、この客観性をもって考えを巡らせないといけないんですね。

クライド
クライド
どうしても自身の知識や経験から、物事を判断しがちじゃな。

感想・レビュー

人の心を平然と踏みにじる者が優越感に浸り、人情味あふれた人々が不条理な思いをする。 どこかそれが今の世を語っているようでもある。

法によって裁くことのできない理不尽さ。 愛しき人を亡くした人たちが無念を晴らそうとする想い。 善と悪だけではあらわせられない切なさと、下町ただよう人情味が「人を想いやる気持ち」の大切さを気づかせてくれる。

読後感も切ないながらも、どこか温かみを感じることのできる作品になっている。

ネイネイの笑顔
ネイネイ
過去のガリレオシリーズについて語っている場面も印象的でしたね。

まとめ

理不尽なことの多い世の中だが、人のつながりや温かみを感じることのできる物語。

今作は謎解き以外にも、ヒューマンドラマを感じさせる要素もありますので、あなたもそれらを楽しんでみてはどうでしょうか。

本作品は6年ぶりのシリーズ最新作ですが、なんだか映像化を期待してしまうのは自分だけでしょうか。

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

コチラの記事もどうぞ

関連記事

こんにちは! 読めていない作品が多いことに気づいたネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、東野圭吾さんの1985年のデビュー作品から現在までに出版された、全作品を年代別の一覧にしてまとめました。 まだ、読まれていない本があれば、こ[…]

「東野圭吾」作品のすべて!【年代別の出版一覧】

 

ポチして頂くことで、ランキングの順位が上がります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Amazonでお得にお買い物
amazonギフト券

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の利用がおすすめ!

チャージするたびに、プライム会員なら最大2.5%分通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まる。

\ TRY NOW!! /

\ こちらも読まれています! /