『ブロードキャスト』湊かなえ / 放送部が伝える作品に込めた想い

『ブロードキャスト』湊かなえ / 放送部が伝える作品に込めた想い

こんにちは! 伝えることの難しさを思い知ったネイネイ(@NEYNEYx2)です。

今回は、「告白」で2009年に本屋大賞を受賞している、湊かなえさんの『ブロードキャスト』を読みましたので、あらすじや感想・レビューをまとめていきます。

放送部に興味があるorやっていた人部活で怪我をして挫折を味わっている人いじめを受けてクラスに居場所をみつけられない人にお勧めの作品になっています。

 

『ブロードキャスト』湊かなえ

あらすじ

町田圭祐は中学時代、陸上部に所属し、駅伝で全国大会を目指していたが、3年生の最後の県大会、わずかの差で出場を逃してしまう。
その後、陸上の強豪校、青海学院高校に入学した圭祐だったが、ある理由から陸上部に入ることを諦め、同じ中学出身の正也から誘われてなんとなく放送部に入部することに。
陸上への未練を感じつつも、正也や同級生の咲楽、先輩女子たちの熱意に触れながら、その面白さに目覚めていく。
目標はラジオドラマ部門で全国高校放送コンテストに参加することだったが、制作の方向性を巡って部内で対立が勃発してしまう。
果たして圭祐は、新たな「夢」を見つけられるか—。

(「BOOKデータベース」より)

 

装画を担当されているのは、へびつかい(@hebitsukai)さんです。

 

本作の特徴

運動部の人が思っている文化部への偏見の目、部内での意見の相違、クラス内でのいじめ、自分の居場所がわからず周りに流される日々。

やりがいを何処に見出していくのか、その過程で自身の人としての成長、また学校という場で学ぶべきことは何なのか?っということを見つめ直すことができる作品。

 

放送部ってなにするの?

そもそも放送部ってなにをするのか知らない人がほとんどなのではないでしょうか?(自分もまったく知りませんでした……。)

本書では下記のようにしています。

  • 学校行事の司会、撮影
  • 地域行事の司会、撮影等の補助
  • 作品制作
  • アナウンス、朗読

この中で一番メインとなってくるのが、作品制作なのだとか。放送コンテストの全国大会があり、そこに向けて作品を制作して応募するのだとか。

放送コンテストは下記の部門があるようです。

  • ラジオドキュメント部門
  • ラジオドラマ部門
  • テレビドキュメント部門
  • テレビドラマ部門
  • アナウンス部門
  • 朗読部門

 

 

ネイネイの驚き顔
ネイネイ
「放送コンテスト」の全国大会があることを初めて知りました……。

採点競技の難しさ

放送コンテストの順位は、審査員の採点の合計で競われ得点とともに、「講評」なるものが存在します。

講評とは、説明を加えて理由をはっきりさせながら、良い点・悪い点を指摘するものです。人が審査するので、それぞれの感じ方、とらえ方に大きく左右される。

相手がなにを良い・悪いと評価する傾向にあるのか、またその時々の流行りにも気を配らないといけないのだとか。

小説でも同じ内容を取り扱ったものが乱立していたら、読者に飽きられてしまうのと同じですね。

ルーシー
ルーシー
これは、小説の評価に通じるところがあるわね。

怪我

運動部の選手にとってつきまとう問題の一つに「怪我」がある。本書の圭祐や良太も怪我に悩まされたエピソードが描かれている。選手は今この瞬間のことだけで頭がいっぱいで、その先のことなんか考えていないと。

先日までおこなわれていた、夏の甲子園。金足農業が秋田県勢として103年ぶりに決勝戦に進出し盛り上がりをみせました。

ただその裏で問題視されているのが、吉田投手の投球数です。11試合で合計1517球これはさすがに異常ですし多すぎです。将来プロに進んだ場合に肘や肩に故障をおわないか心配になってしまいます。

本作品を読むと、そういった問題にどうするべきなのかと考えさせられます。

モンブラン
モンブラン
終章の話は、運動部の人に読んでほしい内容じゃな。

感想・レビュー

本作品では「伝える」ということの大切さ、重要さ、そして難しさを訴えかけられる。

自分自身で想っていることがあっても、相手にキチンと伝えなければ意味がないし、変化もおきない。それが正しいおこないだったとしても……。

面と向かっていうのは難しいなら、他の方法(電話、SNS、手紙)もあるはず。あとは行動するか、しないかだけだと。

「伝える」という行動は、非常に大きな勇気のいることだけれど、それを乗り越えたときに訪れる景色をこの物語がみせてくれている。

ネイネイの笑顔
ネイネイ
爽やかな風が吹いていますよね。

まとめ

制作の奥深さ、難しさ、楽しさを知れる作品になっています。

イヤミスの女王が書き下ろした、青春小説の読後を味わってみてはどうでしょうか。

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

「ジョジョの奇妙な冒険」等の声優として活躍されている、興津和幸さんによる本作の一部朗読が期間限定にて配信されています。

 

コチラの記事もどうぞ

関連記事

こんにちは! この後味の悪さがくせになるネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、湊かなえさんの2008年のデビュー作品から現在までに出版された、全作品を年代別に一覧にしてまとめました。 まだ、読まれていない本があれば、これを機に読[…]

「湊かなえ」作品のすべて!【年代別の出版一覧】

 

ポチして頂くことで、ランキングの順位が上がります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Amazonギフト券

Amazonギフト券

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券の利用がおすすめ!

チャージするたびに、Amazonプライム会員なら最大2.5%分、通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まります。

\ TRY NOW!! /

\ こちらも読まれています! /