【2021年】本屋大賞が決定!各作品のあらすじ紹介

【2021年】本屋大賞が決定!各作品のあらすじ紹介

こんにちは! ネイネイ(@NEYNEYx2)です。

2021年本屋大賞が決定しました。今回は、そんな本屋大賞の各作品のあらすじをご紹介します。

まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか。

 

発表時期
本屋大賞 ノミネート作品発表:1月20日ごろ
本屋大賞、翻訳小説部門、発掘部門の発表:4月10日ごろ

 

 

2021年本屋大賞が決定!各作品のあらすじ紹介

2019年12月~2020年11月の作品が対象

10位『この本を盗む者は』深緑野分

あらすじ

書物の蒐集家を曾祖父に持ち、彼の残した巨大な書庫「御倉館」を父が管理する家に生まれた、高校生の御倉深冬。本に囲まれた環境で育ちながら、彼女は本が好きではない。

そんなある日、「御倉館」から蔵書が盗まれ、あとに残されたメッセージを彼女は目にした。“この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる” そして、街は本の呪いにより物語の世界へと一変する。泥棒を捕まえないと街がもとに戻らないと知った深冬は、物語の世界をめぐり冒険をはじめるのだが…。

おすすめポイント

御倉館から本が盗まれ、呪いが発動して街は一変した。泥棒を捕まえるため、深冬が物語の世界を駆けめぐる。章ごとにマジックリアリズム、ハードボイルド、スチームパンクにと、さまざまなジャンルが入りまじり、読み手の想像力をかきたて物語の世界にどっぷり浸かれる。

本を盗んだ者を呪う、奇妙な魔術「ブック・カース」により侵食された街を救おうとする深冬たちの冒険に、心を躍らせる作品。

9位『推し、燃ゆ』宇佐見りん

あらすじ

女子高生のあかりは、アイドルユニット「まざま座」の上野真幸を推すことに心血を注いでいる。推しを解釈することが、あかりの生きる糧になっていた。

だが、ある事件をきっかけに推しが炎上した。ままならない人生を生きる彼女に、大きな波紋をもたらして…。

おすすめポイント

なにをするにも不器用でいる女子高生のあかり。推しているアイドルを追いかけているときが、彼女が生きている証であり、それを失えば身体を支えられなくなる背骨でもあった。彼女の純粋さと危うさに息苦しさを感じつつも、今の世をうつす彼女の姿が心に沁みわたる。

普通の生活もままならず、生きづらさを抱える女子高生の推しへの想いに、切実なまでのリアルさと胸に迫るものを感じさせる物語。

8位『オルタネート』加藤シゲアキ

あらすじ

高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」が当たり前な現代。高校3年生の蓉(いるる)は、料理コンテストでおこった悲劇により、オルタネートを使用していない。一方で、母との軋轢のある凪津(なづ)は、運命の愛を追い求めてオルタネートを熱心に活用している。また、高校を中退した尚志(なおし)は、かつてのバンド仲間を求めて上京する。

やがて、3人の若者たちの運命が交錯していく。出会いと別れ、苦悩と葛藤の先に、彼らを待ち受ける未来とは…。

おすすめポイント

登録したデータをもとに、AIが相性のいい相手をマッチングしてくれるアプリ「オルタネート」。そんなオルタネートをとおし、つながる恋愛や友情にと、情熱を傾ける人びとが描かれていく。不安や悩みを抱いて心を揺れ動かせながらも、目の前のことに全力を注いで駆け抜けていく彼らの姿に、青春の1ページを思いおこさせる。

オルタネートを通じた、高校生たちのつながりと成長が、まぶしくも瑞々しい青春群像劇。

7位『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう

あらすじ

1ヶ月後、小惑星が地球に衝突する。学校でいじめを受けている友樹、人を殺めたヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香、そして。

滅亡を前にして、恐怖と混沌により壊れゆく世界。4人は生きていく意味を探りながら、どのように最後のときを迎えていくのか…。

おすすめポイント

地球に小惑星が衝突して、1ヶ月後に人類が滅亡することがわかった。絶望感がただよう世界で、人生をうまく生きられなかった者たちが、残りの数日をどう生きるのか。最期のときが迫るなか、今までの自分を見つめ直し、大切なものを見いだそうとする姿が、心に響いてくる。

刻々と最期の日が近づく世の中で、不器用に生きてきた人びとの生きざまに、一筋の希望を感じずにはいらせない作品。

6位『八月の銀の雪』伊与原新

あらすじ

無愛想でいて手際の悪い、コンビニのベトナム人店員のグエン。そんな彼女が、就活連敗続きの理系大学生である堀川に見せた驚きの真の姿とは…。(「八月の銀の雪」)子育てに自信を持てないシングルマザーが、博物館に勤める女性の言葉に救いを見いだして…。(「海へ還る日」)原発の下請け会社を辞め、心のおもむくまま一人旅をする辰朗。立ち寄った海辺で、凧揚げをする初老の男に出会う。その男の父親が、太平洋戦争におもむいた気象技術者だったことを知り…。(「十万年の西風」)

科学の揺るぎない真実が、傷ついた心に希望の灯りをともす5つの物語。

おすすめポイント

人生うまくいかずに、心に傷を抱える人びと。海や鳥、地球の内核にと、自然科学のエッセンスを織り交ぜながら、生きることに不器用な人たちが前へ一歩踏みだしていく希望を見いだす姿に、心を癒される。

生きづらさを抱え、人生につまずいた人びとに自然科学が新たな視点を示し、少しだけ前へ歩んでいくさまに、やさしく心を包まれる作品集。

5位『自転しながら公転する』山本文緒

あらすじ

東京のアパレルで働いていた32歳の都は、母親の看病のため茨城の実家に戻り、近所のアウトレットモールで働きはじめた。そして、都はモール内の回転寿司で働いている貫一と出会い、つき合うことになるが彼との将来に不安を隠せない。

一方で、実家では両親ともに体調を崩し、経済的にきつくなってきた。さらに、職場でもセクハラにパワハラと問題がおこって…。

おすすめポイント

親の看病のため実家に戻ってきた32歳の都。そんなとき出会った貫一との恋愛、仕事に奔走し、母親の世話にと、ぐるぐる思いを巡らせながら、自身の進むべき幸せを探し求めている。彼女の揺れ動く心とともに、人生をもがきながらも選択していく姿に、共感させられ魅入ってしまう。

地元に戻ってきたアラサーの都が、日常の混乱のなかで自分なりの幸せと向き合って歩んでいく人生に、それぞれの価値観について考えさせられる作品。

4位『逆ソクラテス』伊坂幸太郎

あらすじ

敵は、先入観。「僕はそうは思わない」「いじめられ子だったとしたら、何か変わるのか?」「親だって人間だ」「それはギャンブルじゃなくて、チャレンジだ」「最終的には、真面目で約束を守る人間が勝つんだよ」、読者に向けて投げかけられているような言葉の数々に、ハッとさせられる5つの短編集。

おすすめポイント

すべての話の主人公が小学生ということで、どの世代の人が読んでも感情移入できる話が存在しており、自分の胸に手をあてて考えさせられる。

伊坂流の授業を、読み手自らが生徒になった気分で受けることのできる作品。

3位『犬がいた季節』伊吹有喜

あらすじ

1988年のある日、高校にふと迷い込んだ一匹の子犬。白いその犬は、「コーシロー」と名づけられ、生徒とともに学校生活を過ごしていく。最初に卒業していった優しき少女を思いながら…。

大人と子どものはざまで揺れ動く18歳の心を、時代を彩った音楽とともに描いた、瑞々しい青春小説。

おすすめポイント

三重県の進学校である八稜高校に迷い込んだ一匹の犬。学校で飼われることになった白犬のコーシローは、昭和から平成、そして令和と移りゆく時代とともに生徒を見続ける。進路や恋、家族にとさまざまな悩みを抱える18歳の高校生たちに、自分の学生時代を懐かしみながら、切なくも愛おしく感じさせる。

白い犬のコーシローが18歳の生徒とともに過ごした12年間を、その時代を背景に高校生たちの青春の輝きと切なさに、胸をほんのりと温められる物語。

2位『お探し物は図書室まで』青山美智子

あらすじ

町のコミュニティセンター内にある、小さな図書館。そこには、人生に悩みを抱えた人びとが、ふとしたきっかけで訪れては本の相談をしていく。不愛想ながら聞き上手な司書さんが、少し変わった選書をおこなってくれる。

やがて、選書の終わりに小さな毛糸玉のようなものをひとつ渡される。かわいい「本の付録」と思わぬ本のセレクトが悩める人びとの背中をそっと後押しして…。

おすすめポイント

人生に行き詰まった者たちが、おとずれる小さな図書館。そこの司書の小町さゆりさんは、大柄でいて不愛想なのだが、悩める人びとの心に寄り添いながらお勧めの本を選ぶ。勧められた本をもとに、自分を見つめ直していく姿に、明日への活力をわけてもらえる。

ちょっと変わったお勧めの本に、自分なりの解釈をして一歩ずつ前に進んでいくさまに、ほっこりさせられるハートウォーミング小説。

1位『52ヘルツのクジラたち』町田そのこ

あらすじ

自分の人生を家族によって搾取され続けてきた女性の貴瑚。祖母の遺した古家がある、海辺の田舎に引っ越してきた彼女。そんなある日、口がきけない不思議な少年に出会った。どうやら彼が、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていることを貴瑚は知ってしまう。

家族の愛を受けずに孤独に苛まれて生きてきた2人が出会い、少年の誰にも届かないはずの悲痛な叫びを救うための物語がはじまりを告げるのだが…。

おすすめポイント

辛い過去を抱えた貴瑚が、たどり着いた小さな海辺の町。そこで出会ったのが、彼女と同じように心に深い傷をおった少年だった。孤独に苦しみながら誰にも気づいてもらえない彼を、自分がかつて救ってもらったように貴瑚が奔走するさまは、弱者の叫びに耳を傾けることの難しさとともに、現代社会の抱える闇を考えさせられる。

悲痛な叫びを聴きとることの大切さに気づかされ、孤独でいる者にそっと寄り添う人びとの温かさが、心に刺さるものがある物語。

 

翻訳小説部門

2019年12月~2020年11月の作品が対象

3位『あの本は読まれているか』ラーラ・プレスコット

あらすじ

冷戦下のアメリカ。ロシア移民の娘であるイリーナは、CIAにタイピストとして雇われるが、実はスパイの才能を見こまれており、訓練を受けてある特殊作戦に抜擢される。

その作戦の目的は、反体制的だと見なされ、共産圏で禁書となっているボリス・パステルナークの小説『ドクトル・ジバゴ』をソ連国民の手に渡し、言論統制や検閲で迫害をおこなっているソ連の現状を知らしめることだった。

2位『神さまの貨物』ジャン=クロード・グランベール

あらすじ

大きな暗い森に貧しい木こりの夫婦が住んでいた。きょうの食べ物にも困るような暮らしだったが、おかみさんは「子どもを授けてください」と祈り続ける。そんなある日、森を走りぬける貨物列車の小窓があき、雪のうえに赤ちゃんが投げられた――。

明日の見えない世界で、託された命を守ろうとする大人たち。こんなとき、どうする?この子を守るには、どうする?それぞれが下す人生の決断は読む者の心を激しく揺さぶらずにおかない。

1位『ザリガニの鳴くところ』ディーリア・オーエンズ

あらすじ

1969年、ノースカロライナ州の沼地で、男の死体がみつかった。人びとは「湿地の少女」に疑いの目を向ける。

6歳で家族に見捨てられたカイアは、そのときから1人で生きていかねばいけなかった。村人たちに「湿地の少女」と呼ばれ蔑まれつつも、彼女は自然のままに生物が生きる「ザリガニの鳴くところ」へと思いをはせ静かに暮らしていたが…。

おすすめポイント

湿地の奥地でひとりで生きねばならなかった少女。孤独や貧困、人種差別を織り交ぜながら、過酷な環境を生き抜いていく彼女の成長は、読み手の胸に迫るものがある。また、自然のなかで生きる動植物の美しくも残酷さをあわせ持つ描写が彩りを添えている。

動物学者である著者が描きだす瑞々しい詩の数々に魅せられ、湿地でひとり暮らす彼女の人生に、心を揺さぶられる物語。

まとめ

どうですか、気になった作品はありましたか?

まだ読んでいない作品があったら、この機会に読んでみてはいかがでしょうか。

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

2021年本屋大賞 まとめ

本屋大賞 翻訳小説部門
10位

この本を盗む者は

『この本を盗む者は』
深緑野分

Kindle: Audible: 
9位

推し、燃ゆ

『推し、燃ゆ』
宇佐見りん

Kindle: Audible:
8位

オルタネート

『オルタネート』
加藤シゲアキ

Kindle:  Audible: 
7位

滅びの前のシャングリラ (単行本)

『滅びの前のシャングリラ』
凪良ゆう

Kindle: Audible: 
6位

八月の銀の雪

『八月の銀の雪』
伊与原新

Kindle: Audible: 
5位

自転しながら公転する

『自転しながら公転する』
山本文緒

Kindle: Audible: 
4位

逆ソクラテス

『逆ソクラテス』
伊坂幸太郎

Kindle: Audible:
3位

犬がいた季節

『犬がいた季節』
伊吹有喜

Kindle: Audible: 
2位

お探し物は図書室まで

『お探し物は図書室まで』
青山美智子

Kindle: Audible: 
1位

52ヘルツのクジラたち (単行本)

『52ヘルツのクジラたち』
町田そのこ

Kindle: Audible: 
3位

あの本は読まれているか

『あの本は読まれているか』
ラーラ・プレスコット

Kindle: Audible: 
2位

神さまの貨物

『神さまの貨物』
ジャン=クロード・グランベール

Kindle:  Audible: 
1位

ザリガニの鳴くところ

『ザリガニの鳴くところ』
ディーリア・オーエンズ

Kindle: Audible:

 

コチラの記事もどうぞ

関連記事

こんにちは! 全作品を読んでみたいと思うネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、『本屋大賞』の歴代受賞作品とあらすじを一覧にしてご紹介します。 まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか。  […]

『本屋大賞』のすべて【歴代受賞作品&あらすじ】
関連記事

こんにちは! ネイネイ(@NEYNEYx2)です。 「本屋大賞」とは、全国で働いている書店員の投票によって「今いちばん売りたい本」を選ぶ文学賞です。 今回はそんな、本屋大賞の歴代受賞作品の中から『おすすめ小説』をジャンル[…]

【歴代】本屋大賞 受賞作品のおすすめ小説【ジャンル別】
関連記事

こんにちは! 1935年から続いていると知ったネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、『直木賞 / 芥川賞』の歴代受賞作品とあらすじを一覧にしてご紹介します。 まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか[…]

直木賞 / 芥川賞のすべて【歴代受賞作品】
ポチして頂くことで、中の人の励みになります。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 にほんブログ村へ
Amazonギフト券 チャージタイプ

Amazonギフト券 チャージタイプ

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券 チャージタイプの利用がおすすめ!

チャージするたびに、Amazonプライム会員なら最大2.5%分、通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まります。

\ TRY NOW!! /