第165回 芥川賞&直木賞 候補作品が発表!あらすじ紹介【2021年上半期】

第165回 芥川賞&直木賞 候補作品が発表!あらすじ紹介【2021年上半期】

こんにちは! ネイネイ(@NEYNEYx2)です。

第165回芥川龍之介賞・直木三十五賞(2021年上半期)の候補作品が発表されました。今回は、そんなノミネート作品の各あらすじをご紹介します。

まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか。

 

MEMO

受賞作品発表は2021年7月14日に、東京・築地の「新喜楽」でおこなわれます。

 

【歴代リンク】芥川賞&直木賞ノミネート作品

第165回第164回第163回第162回第161回第160回
第159回第158回

 

第165回 芥川賞 候補作品

(著者名五十音順)

『貝に続く場所にて』石沢麻依

あらすじ

コロナ禍が影を落とす異国の街に、9年前の光景が重なり合う。静謐な祈りをこめて描く鎮魂の物語。

ドイツの学術都市に暮らす私の元に、震災で行方不明になったはずの友人が現れる。人を隔てる距離と時間を言葉で埋めてゆく、現実と記憶の肖像画。

『氷柱の声』くどうれいん

あらすじ

東日本大震災が起きたとき、伊智花は盛岡の高校生だった。それからの10年の時間をたどり、人びとの経験や思いを語る声を紡いでいく、著者初めての小説。

『水たまりで息をする』高瀬隼子

あらすじ

ある日、夫が風呂に入らなくなったことに気づいた衣津美。夫は水が臭くて体につくと痒くなると言い、入浴を拒み続ける。彼女はペットボトルの水で体をすすぐように命じるが、そのうち夫は雨が降ると外に出て濡れて帰ってくるように。

そんなとき、夫の体臭が職場で話題になっていると義母から聞かされ、「夫婦の問題」だと責められる。夫は退職し、これを機に二人は、夫がこのところ川を求めて足繁く通っていた彼女の郷里に移住する。川で水浴びをするのが夫の日課となった。豪雨の日、河川増水の警報を聞いた衣津美は、夫の姿を探すが――。

『オーバーヒート』千葉雅也

あらすじ

東京への愛惜を抱きつつ大阪に暮らし、京都の大学で教鞭を執る哲学者。「言語は存在のクソだ!」と嘯きながら、言葉と男たちの肉体とのあいだを往復する。年下の恋人への思慕、両親の言葉、行きつけのバー、失われた生家である「大きな白い家」、折々のツイート……。

「僕」を取り巻く時間と人びとを鮮やかに描く新作長篇「オーバーヒート」。ハッテン場と新宿2丁目の移ろい、甦る記憶が現在を照射するさまを描いた、選考委員絶賛の川端賞受賞作「マジックミラー」を併録。

『彼岸花が咲く島』李琴峰

あらすじ

記憶を失くした少女が流れ着いたのは、ノロが統治し、男女が違う言葉を学ぶ島だった――。不思議な世界、読む愉楽に満ちた中編小説。

 

第165回 直木賞 候補作品

(著者名五十音順)

『スモールワールズ』一穂ミチ

あらすじ

夫婦円満を装う主婦と、家庭に恵まれない少年。「秘密」を抱えて出戻ってきた姉とふたたび暮らす高校生の弟。初孫の誕生に喜ぶ祖母と娘家族。人知れず手紙を交わしつづける男と女。向き合うことができなかった父と子。大切なことを言えないまま別れてしまった先輩と後輩。誰かの悲しみに寄り添いながら、愛おしい喜怒哀楽を描き尽くす連作集。

『おれたちの歌をうたえ』呉勝浩

あらすじ

「あんた、ゴミサトシって知ってるか?」

元刑事の河辺のもとに、ある日かかってきた電話。その瞬間、封印していた記憶があふれ出す。真っ白な雪と、死体――。あの日、本当は何があったのか? 友が遺した暗号に導かれ、40年前の事件を洗いはじめた河辺とチンピラの茂田はやがて、隠されてきた真実へとたどり着く。

『スワン』で日本推理作家協会賞、吉川英治文学新人賞を受賞。圧倒的実力を誇る著者が、迸る想いで書き上げた大人のための大河ミステリー。

『テスカトリポカ』佐藤究

あらすじ

メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その才能を見出され、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく――。

海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。心臓密売人の恐怖がやってくる。誰も見たことのない、圧倒的な悪夢と祝祭が、幕を開ける。

『星落ちて、なお』澤田瞳子

あらすじ

不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・周三郎は事あるごとに難癖をつけてくる。早くから養子に出されたことを逆恨みしているのかもしれない。

暁斎の死によって、これまで河鍋家の中で辛うじて保たれていた均衡が崩れた。兄はもとより、弟の記六は根無し草のような生活にどっぷりつかり頼りなく、妹のきくは病弱で長くは生きられそうもない。

河鍋一門の行末はとよの双肩にかかっっているのだった――。

『高瀬庄左衛門御留書』砂原浩太朗

あらすじ

神山藩で、郡方を務める高瀬庄左衛門。50歳を前にして妻を亡くし、さらに息子をも事故で失い、ただ倹しく老いてゆく身。残された嫁の志穂とともに、手慰みに絵を描きながら、寂寥と悔恨の中に生きていた。しかしゆっくりと確実に、藩の政争の嵐が庄左衛門を襲う。

まとめ

どうですか、気になった作品はありましたか?

まだ読んでいない作品があったら、この機会に読んでみてはいかがでしょうか。

それでは、まったです。 (‘◇’)ゞ

 

第165回 芥川賞&直木賞 候補作品 まとめ

芥川賞 候補作品直木賞 候補作品

貝に続く場所にて

『貝に続く場所にて』
石沢麻依

Kindle: Audible: 

氷柱の声

『氷柱の声』
くどうれいん

Kindle: Audible: 

水たまりで息をする

『水たまりで息をする』
高瀬隼子

Kindle:  Audible: 

オーバーヒート

『オーバーヒート』
千葉雅也

Kindle: Audible: 

彼岸花が咲く島

『彼岸花が咲く島』
李琴峰

Kindle: Audible: 

スモールワールズ

『スモールワールズ』
一穂ミチ

Kindle: Audible:

おれたちの歌をうたえ

『おれたちの歌をうたえ』
呉勝浩

Kindle: Audible: 

テスカトリポカ

『テスカトリポカ』
佐藤究

Kindle: Audible: 

星落ちて、なお

『星落ちて、なお』
澤田瞳子

Kindle: Audible: 

高瀬庄左衛門御留書

『高瀬庄左衛門御留書』
砂原浩太朗

Kindle: Audible: 

 

【歴代リンク】芥川賞&直木賞ノミネート作品

第165回第164回第163回第162回第161回第160回
第159回第158回

コチラの記事もどうぞ

関連記事

こんにちは! 1935年から続いていると知ったネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、『直木賞 / 芥川賞』の歴代受賞作品とあらすじを一覧にしてご紹介します。 まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか[…]

直木賞 / 芥川賞のすべて【歴代受賞作品】
関連記事

こんにちは! 全作品を読んでみたいと思うネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、『本屋大賞』の歴代受賞作品とあらすじを一覧にしてご紹介します。 まだ、読まれていない本があれば、これを機に読んでみてはいかがでしょうか。  […]

『本屋大賞』のすべて【歴代受賞作品&あらすじ】
関連記事

こんにちは! このミスって1988年から続いていると知ったネイネイ(@NEYNEYx2)です。 今回は、宝島社より発行されている『このミステリーがすごい!』の国内版である歴代受賞作品とあらすじを一覧にしてご紹介します。 まだ、読まれてい[…]

『このミステリーがすごい!』歴代受賞作品&あらすじ紹介【国内編】
ポチして頂くことで、中の人の励みになります。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 にほんブログ村へ
Amazonギフト券 チャージタイプ

Amazonギフト券 チャージタイプ

Amazonでお買い物するなら、Amazonギフト券 チャージタイプの利用がおすすめ!

チャージするたびに、Amazonプライム会員なら最大2.5%分、通常会員なら最大2.0%分のAmazonポイントが貯まります。

\ TRY NOW!! /